こごえ歯科医院

診療案内
HOME >  診療案内  > 小児歯科

小児歯科

こごえ歯科医院では、お子様の虫歯の予防、予防指導、治療を行います。

年齢や成長、歯の生え変わりを考慮し、最適の治療方法を選び、保護者の方へ説明、同意をいただいた上で治療にあたります。
  • 小児歯科

    小児歯科とは…
    0才~12才までは乳歯が存在する年齢ですが、この期間は永久歯を迎えるまでの
    大切な準備期間です。
    生涯を通じ虫歯の痛みや歯周病の不安を知らずに済むように、この時期に歯の大切さを知り、
    お口の管理を習慣付けるお手伝いをしていきます。

    当院では、治療に並び予防にも重点をおいております。

こごえ歯科医院 3つの診療コンセプト

1. 怖いというイメージを取り除きます。
怖がらせない・不安を与えないよう心がけ、「歯医者さんはこわい!」というイメージを取り除けるように治療します。

2. 学習・実践していける予防法の指導を実施。
虫歯や歯周病をつくらない効果的な予防法を学習し、実践していけるように指導を行っております。

3. それでも出来る虫歯への対応もご安心ください。
それでも出来てしまった虫歯に関しては、進行抑制のフッ素製剤を塗布して様子をみながら、タイミングをみて極力痛がらない様に
詰め物をして治療していきます。

虫歯予防について

  • 小児歯科

    虫歯の治療を大きくわけると、
    虫歯を削って詰める方法と口の中の環境を良くする予防歯科となります。

    虫歯を削っても詰めても、そのままだとまた虫歯になってしまいます。
    お口の中の環境を良くすること(予防)もたいせつな治療なのです。

    どうしたら虫歯ができなるくなるか一緒に考えましょう。

  • 規則的な食事をしましょう!
    虫歯の予防 食事のとりかたに工夫をしましょう!

    食事のたびに歯は虫歯になる危険にさらされているのです!
    食事をすると菌が酸をだして、口の中は酸性になってしまいます。
    酸性になると歯の表面のカルシウムとリンが溶け出してしまいます。食後、お口が空っぽになっている間に唾液の作用で中性になります。カルシウムとリンがもどります。

    間食が多かったり、食事回数が多かったり、時間が長いと酸性の時間が長くなってしまいます。
    食事は3回、おやつは1回にすることがお子様のお口の中を理想です。
    お子様のお口の中を中性に保つことで虫歯になる危険にさらされにくくなります。

  • 食事に合わせてキシリトールをうまく利用しましょう

    菌がキシリトールを砂糖と間違えて食べてお腹をこわしてしまいます。その結果、口の中の菌が少なくなります。
    キシリトールは100%配合のものを選びましょう。一日3回、一粒を毎食後に食べ、さらに歯磨き前に食べると効果的です。
    味がなくなっても5~10分間噛みましょう。

    分からないことがあれば、お気軽にご相談ください。

上手なおやつの4つのポイント
・時間を決めておやつをたべましょう (食事 3回 おやつ 1回)
・甘いものは食直後のデザートで
・甘いお菓子にはお茶を組み合わせましょう
・おやつは虫歯になりにくいものを選びましょう
  • 診療時間

    こごえ歯科医院

    兵庫県姫路市砥堀809-3
    TEL 079-264-5845(予約優先制)
    >アクセスマップはこちら
    >お問い合わせはこちら

↑PAGE TOP